こども専攻 保育コース

こども専攻保育コース
学業やボランティアに打ち込めたことで保育士への道が広がっていきました
中村 彩香さん
人文学科 こども専攻 保育コース2014年3月卒業
/ 熊本県 熊本西高校出身

こども専攻保育コースでは。豊富な実践から学び、発達支援(子育て支援や特別支援)のできる保育士・幼稚園教諭をめざします。 キリスト教保育の精神を基礎に、ルーテル系施設などと連携して豊富な実践を学び、保育士資格と幼稚園教諭一種免許状の取得をめざします。 また、幼稚園教諭一種免許免許状を基礎免許として、特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)免許状取得もできます。
☆注意☆
こども専攻 保育コースは、小学校教諭一種免許状の取得はできません。

幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の違いって???
保育士とは・・・
厚生労働省管理、児童福祉法に規定される「児童福祉施設」で働く人。保育士資格は専門学校・短大・大学を出て卒業時に自動的に取得するか、年一回の資格試験を受験して合格すれば取得できます。
幼稚園教諭とは・・・
文部科学省管轄、学校教育法に規定される「学校」で働く人。幼稚園教諭免許状は同じく専門学校・短大・大学を卒業して必要単位を取得した上で授与されます。
特色

“こども”を深く学ぶ4年間

  • 社会人としての基礎力を向上させるため、専門を学ぶ前に幅広い知識と教養を身につけます。
  • 保育士関連科目、幼稚園や特別支援教育関連の科目など専門科目を履修して、現場での実習を経験します。
  • 通常の実習のほかに、自主実習を奨励しています。実習の機会を多く設けることで、いろいろな子どもや場面に対応できる人材の育成をめざします。
  • 保育士・幼稚園教諭免許状に加え、特別支援学校教諭免許状の取得ができます。
  • 保育に必要な総合的な力をつける集大成としてオペレッタの発表をします。
目標

“こども”に関する専門職へ

  • "こども"について学ぶ人に、社会から大きな期待が寄せられています。これに応え、こども専攻「保育コース」では、4年間かけて保育者としての幅広い専門性と豊かな人間性を育成することをめざします。"こども"に関するあらゆる専門職に対応できる能力と高度な知識を身につけます。
  • 社会は今さまざまな"こども"の専門家を必要としています。
    主な職域とする保育所や児童福祉施設、幼稚園や子育て支援センターなどのほか、子どもの研究者(大学院進学)や子ども向け英語の教師、保育カウンセラーや絵本作家などの専門職、離乳食や玩具のメーカー、育児本の出版社といった"こども"関連企業での活躍も目標にすることができます。
"こども"関連のさまざまな資格・免許を
所定の科目の履修により取得できます
  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状
    (知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)

取得できる資格についてはこちらをご確認ください。

CurriculumOverviews

  • 器楽・声楽

    幼児教育・保育に不可欠な楽曲や演奏技術(弾き歌い・弾き語り)等を学び、現場で十二分に発揮出来るための保育力を養う。

  • 幼児教育方法

    幼児期を中心として、園生活の保育内容、保育活動を切り口に、援助の仕方や指導の原理・展開について学ぶ。

  • 保育の表現技術

    幼児期に必要な絵画、デザイン、音楽、身体・言語表現の知識や技術を培う。ものづくりを主とする活動から、総合的な保育の表現技術を養う。

  • こどもの保健

    心身の発達を理解すると共に、子どもの健康保持・増進に関する一次予防の知識を養う。子どもを取り巻く環境を理解し、その役割を学ぶ。

  • 保育原理

    「保育とはなにか」を歴史・思想・制度を通して学ぶ。さらに、実践に必要な乳幼児の心身発達や行動に関する論理的な洞察力を養う。

  • 保育内容(総論)

    幼稚園や保育所にて、子どものより良い成長のために行う計画的かつ組織的な活動全般、「保育内容」に関する実践力を培う。