人文学部心理臨床学科

有村 達之学科長
学生一人ひとりの多様なニーズに応え、教育や福祉、医療をふくむ幅広い視点から人間の

心理臨床学科 学科長 / 教授 有村 達之

 本学の心理臨床学科では「心理学」、「特別支援教育」、「精神保健福祉」の3つを組み合わせながら学びます。その特徴は教育や福祉、医療を含めた幅広い視点から人間のこころを学ぶことができるということにあり、他の大学では類をみない試みでもあります。
 その中で「自分のことを深く理解したい」、「日常生活や職場に心理学の知識を活かしたい」、「心理学を本格的に学びたい」など、学生自身がもつ様々なニーズに応えるために、個性豊かな教員がユニークな視点から講義・演習・課外活動を展開しています。
 こうした学びや多くの実体験の中から、自己や他者をより深く温かく理解し、共に問題に立ち向かっていこうとする人間実のある教養にあふれた人材を養成します。
また、更なる専門性を求めて大学院進学を目標とする学生には、大学院入試突破のための支援も積極的に行います。
 基礎から深い専門性まで、少人数教育の本学だからこそできる教育プログラムを体験してみませんか。飛躍のためのステップを、ぜひ自らの手でつかんでください。

  • 心理学コース 心理学コース

    "こころ"の働きを科学的に理解する心理士をめざす。

  • 特別支援教育コース 特別支援教育コース

    実習や現場体験に基づく確かな実践力を備えた、特別支援学校教諭をめざす。

  • 精神保健福祉コース 精神保健福祉コース

    心の病をもつ人の日常生活を支援する精神保健福祉士をめざす。

不登校の子どものメンタルサポートや病院実習での濃密な臨床体験を通じて精神保健福祉士の重要性を自覚しました
打越 恵利菜さん
心理臨床学科 2014年3月卒業 / 熊本県 南関高校出身
4年間の学びの流れ

ボイス(学生の声)

柏田 瑠里さん
臨床心理士としての活動をめざし大学院進学を視野に入れて学んでいます
柏田 瑠里さん
心理臨床学科 4年次生 / 熊本県 八代高校出身

大学院に進むことを視野に入れ、進学先はルーテルを選びました。入学後は心理学はもちろん、他分野でも興味ある授業は進んで受講しました。ゼミでは議論する機会も多く、新たな発見があります。大学院進学をめざす仲間との勉強会では、論述発表の練習もします。将来の目標は臨床心理士の資格を取得し、学校や児童相談所、児童養護施設などで、子どもたちの心をケアすることです。

川田 翔大さん
特別な支援が必要な子どもたちとふれあった経験を活かしていきます
川田 翔大さん
心理臨床学科 4年次生 / 熊本県 天草高校出身

小学校と特別支援学校の教員免許状の取得をめざしています。教職の模擬授業では自作の指導案をもとに授業を行い、学生相互で点検・評価します。小学校での観察実習では、児童の集中力を高める方法をはじめ、とてもよい勉強になりました。また、1年次から特別な支援が必要な子どもたちへの療育や支援活動に携わってきました。これらの経験を教育実習に活かして採用試験の突破に結びつけ、特別支援教育の現場に立つという目標を実現しようと思っています。

山部 亮さん
精神障がいに関する社会の偏見をなくしていくのが将来の目標です
山部 亮さん
心理臨床学科 4年次生 / 熊本県 翔陽高校出身

精神保健福祉士の資格取得をめざしています。3年次からは同じ目標を持つ仲間だけで組まれた少人数クラスとなり、学ぶ内容もさらに高度になりました。また、発言や質問もしやすく、専門性を深めることができました。卒業後は病院、または、福祉施設に勤務し、心の病を持つ方々の支援をすると同時に、精神障がいに関する社会の偏見をなくす活動に取り組みたいと思っています。