HOME - 進路就職 - 出張講義ガイド

出張講義ガイド

九州ルーテル学院大学では教員が直接高等学校へ出向き、高校生を対象に模擬授業を実施します。

1 人文学科 (総合教養分野)

椛一喜教授
1-1 情報処理とプログラミング
椛 一喜 教授

最近ワープロなどのアプリケーションが、エンドユーザ用のコンピューティングと言われるほどになっている。 しかし、コンピュータ情報処理とは、ユーザが自ら意のままにコンピュータを動かす為のプログラミングによるアルゴリズム開発などである。 その為には、ハードウェアから高級言語まで記述可能なC言語が最適である。 このようなコンピュータ言語の概要を解説いたします。


鋤﨑勝也教授
1-2 今、高校生として”何をやるべきか”
鋤﨑 勝也 教授

授業、部活動、学生生活、進路、時間割等々、大学と高校では”いったい何が違うのか?”特に、大学・実社会を魅力的に生きていくために、今、高校生として”何をやるべきか?”企業勤務、中・高校の先生、熊本県教育委員会、県立高校の教頭・校長としての経験をベースにして君達と共に考え、アドバイスしていきたいと思っています。


豊田憲一郎教授
1-3 歴史学入門
豊田 憲一郎 教授

学校の歴史教科書に書かれていることは全て事実であり、真実なのでしょうか。 みなさんはこんな疑問をもったことはありませんか。 そこで本講義では、歴史の常識に挑戦しながら、「歴史とは何か」ということについて考えてみたいと思います。


濱田信夫教授
1-4 現代社会でどう生きるか -ビジネス社会の話-
濱田 信夫 教授

カイシャとは?起業家とは?最近の企業社会のさまざまな出来事について、こうした疑問を抱いている人はたくさんいるに違いありません。 現代の企業はさまざまな顔を持ち、私たちの日々の暮らしと深く結びついている社会的存在です。 具体的なケースを通して現代企業にアプローチし、若い皆さんとともに、企業社会のいまとこれからを考えてみたいと思います。


福田靖教授
1-5 21世紀の環境問題について
福田 靖 教授

日本人のルーツを考えると、紀元前3000年の中国の春秋戦国時代頃から環境難民、ボートピープルとして何波にもわたり、しかも縄文・弥生にかけて渡来して混合がおこり、日本人を形成しています。 現在の環境問題は人口爆発と消費爆発により、資源の枯渇や地球生態系を変化させています。 講義では人口問題から21世紀は環境改革の世紀であることに言及します。


益田亮英教授
1-6 教師をめざす
益田 亮英 教授

知識基盤社会の21正規を担う若者の人格形成にかかわる教師に対して、社会は様々な期待を寄せています。教師にはどんな資質能力が求められているか、教職に対する愛着や誇りなどは「素質」とは違って後天的に作られるものであるといわれています。そのためにはどのような大学生活を遅ればよいかなどを考えてみたいと思います。


山内隆雄教授
1-7 我が国の伝統音楽入門
山内 隆雄 教授

日本の音楽とは何ですか?と問われたとき、私たちは意外にも母国の伝統音楽について知らないことが多いのに気付かされます。「尺八楽」を一つの窓として、古来から大切にされてきた情緒力や感性を呼び覚まし、我が国の誇りである伝統音楽の世界を覗いてみませんか。


井﨑美代准教授
1-8 レクリエーション入門
井﨑 美代 准教授

良好なコミュニケーションをとるために必要なこととは?
レクリエーションにおけるホスピタリティ等について理解を深め、実際に体験してみませんか?


石村華代講師
1-9 世界の子どもたちは今 -児童労働を考える
石村 華代 講師

子どもには遊んだり学んだりする時間が必要です。しかし世界には、長時間、過酷な労働を強いられている子どもたちがいます。すべての子どもが子どもらしい生活を保護され、大人になる準備をゆっくりと整えられるようにするために、この講義では児童労働を私たちにも身近な問題として位置づけ考えてみようと思います。